タッピングハーモニクス1

タッピングハーモニクス1

解説
3弦5Fを押さえながら( )内に示したポジションである17Fのフレットバーの真上を、右手人差し指でホンのすこ~しだけ触れる&一瞬で離すことでハーモニクスを出すテクニック。これはエレキ用のタッピングハーモニクスといえます。基本的にタッピングハーモニクスは、押弦位置のちょうど12F上が鉄板です。
解説動画

スポンサードリンク
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です